Welcome to my blog

パリス昼豚さんの5万円FXで再スタート! - FXブログ

パリス昼豚さんの5万円FXを実践しています。
→現在はFX勉強会の活動報告に利用しています。

今週のFXトレードはあまりできませんでしたが、回数は問題ではありません

こんにちは。
pachiです。

まずは今週のトレードを紹介します。

pachi_20171013

今週もまだ仕事が忙しく帰ってきてチャートを開くとチャンスが過ぎていたり、全然入れない所だったりしていました。
そんな中、昨日丁度○倍法則の●●と他にいくつか根拠が重なったポイントが来たのでバシッと入る事ができました。

本日勉強会内のコミュニティで師匠がこんな事をおっしゃっていました。

チャンスが少ないのが問題なのではなく
FXというのは「チャンスのときに手を出すゲーム」なので、「チャンスが少ない」は実は問題ではないことがよく考えてみるとわかります。(これはトレードの奥義です。)


動画解説でもトレード回数が多ければそれだけリスクも多くなる。だから確度の高いポイントまで待って待って待って待って待ってエントリーするのがプロだということもおっしゃっています。

私は先週や今週のように1週間に1回ぐらいしかチャンスがないと焦りが出て、チャンスでも無いところがチャンスに見えてしまいやらかすことが多くありました。(今もまだエントリーはしないまでも、余計なところで入りそうになってしまうことがあります)

ただようやく最近この師匠のお話が知識ではなく体感として分かるようになってきました。1週間に1回でもチャンスをしっかり取っていけば月間ではそれなりの成績を残すことができると思います。逆にこれを徹底していけばチャンスの多いときは更に成績を伸ばすことができます。

今後も「チャンスの時に手を出す」事をしっかり肝に銘じてトレードに励んでいきます。

この勉強会での手法は5分足だけでエントリーするのではなく環境認識もしっかりしないと絶対にいけません。

こんばんは、ナカタカです。

FXのスタイルは短い足でするスキャルピングや
1日単位でするデイトレード
更に長い期間でエントリーをするスイングトレード
等があります。

そして、勉強会では5分足でエントリーのタイミングを
取るのですが勉強会のスタイルはスキャルピング
ではありません。

勉強会では5分足の他に○足をみて大まかな方向性を
決めるのです。

これを勉強会では環境認識と読んでいます。

ですので、5分足ばかり見ていてもダメなのです。

私自身も環境認識がまだ苦手で
○○つに線を引いたり、○○を書いたり
フィボナッチを引いたりはしますが
まだまだ十分な環境認識をせずに
5分足でトレードしてしまいます。

しっかりとした環境認識を身につけるために
毎週の配信動画を一通り観てノートにまとめると

その後は、先生が引いたラインや○○などを
自分のチャートに反映させていきながら
ノートで分かりにくいところは再度動画を見ながら
復習をしています。

先生の環境認識と比べるとラインの数も
発生しているローソクや波から考えられる事など

足りない部分や考えていなかったことなど
がたくさんあります。

これが、5mのエントリーも合わせてくるとなると
やはりまだまだ修行が必要です。

全部真似をするのはまだまだ難しいですが
まずは1つずつ、
今の私だったら環境認識の方をリアルでも
通用するような分析が出来るようにしていきたいです。

本日は以上です。ありがとうございました。

FX勉強会、動画解説まとめを手書きの「縦書き」でやってみる(2)

これを書いているのはワカイツです

前回、

「FX勉強会、動画解説まとめを手書きの「縦書き」でやってみる(1)」

の続き

手書きをする際に、ついひらがなや走り書きにしてしまってたのは、

「2度聞けない、教室の授業での学校時代の癖」

で「端折る,お手軽なお勉強」の形になっちゃってましたし、
繰り返し聞ける動画解説でやることではないですね。

むしろ1回目で丁寧に書ける、今の時代に合わせます。
漢字ならスマホで片手で調べられますし。

これが「結構脳に負担がかかる」んですねー
半日はかかります。

それでも記憶に残りやすいんですね。

また端折っちゃうと「今までの思い込み」て見てしまって、
誤解が入って正しく理解していない状態になるので、
細かなところと思っても、一字一句書き留めてます。

心理学の話は意味ないんですが、
苫米地英人さんだったか、
知り合いの脳科学に詳しい方だったかが、
以下のようなことを話していました。

脳は負担を軽くするために、
「似たような話や体験」があったら、
「前に聞いた記憶」を使って脳の処理を端折る、って。

また「恐れや不安」にあたる体験を繰り返すと、
脳が処理を端折るようになって、
段々恐れや不安が減っていく、って理屈です。

でもそうすると学習の段階で
「思い込みで解説動画を聞いて」しまって
誤解のままでいることが多々あったので、
これはいかんなと。

師匠の、

(FX勉強会の入会希望者を2名、お断りしたんだけどさ。~トレードが上達しない奴の特徴)

にあるお話が、極端な例。

とは言っても、自分も当てはまる事だ、
つい「取り違えて」聞いてしまうってのは・・・。

師匠のFX勉強会でも
「端折っていたら、ここ誤解のまま過ごしてるな」って
のがよく出てきました。

正直しんどいですが、師匠のためでもなく
「自分のためにやっている勉強」なので、
少し無理のあることをやってみてます。

そう言えば先月9/10(日)に、那須塩原のお宮でおみくじを引いたら
こう出ました。

おみくじ

見た瞬間「そのまんまやんけ!」って。

さて、日々のFXの学習、続けよっと。