Welcome to my blog

パリス昼豚さんの5万円FXで再スタート! - FXブログ

パリス昼豚さんの5万円FXを実践しています。
→現在はFX勉強会の活動報告に利用しています。

チャート、アゲアゲですねw

おつかれさまです、シンコです。

先週から急に上昇トレンドに転換しましたね。
このトレンドの移り変わりに対して、先週は正直何もできませんでした。
忙しいとかそういうことではなく、シンプルにじぶんの実力の問題です。。

私は愚直にも売り目線でいたため、どこかでまた落ちていくんだろうな〜と、日和った感じで構えてました。
結果、ただただ上に抜けていくチャートを傍観することになってしまいました。
売りでガチガチに思考が固まって、買いを考えるべき相場に目線を切り替えられなかったところがありました。
ほんとお恥ずかしい…

先週はそんな自分にちょっと自己嫌悪しつつ、なんとも言えないモヤモヤした気持ちで週末を迎えました。

しかしながら、週末の動画解説でモヤモヤが晴れました。
動画でもトレンドの変わり目のあたりについて先生が解説されていて、それを拝聴して気持ちが楽になったところがあります。

ここまでは売りで考えてもオッケー、
結果的に損切りをすることになっても仕方がない、
ただしここらへんまできたら売りを考えてはダメ、
上昇トレンドになってもここでは買えない、
このあたりで買える形になる、
逆にここらへんでは売ってみても良い、

…みたいな形で、刻々と移り変わるトレンド転換時の思考を事細かにうかがい知れたことが非常に勉強になりました!

私は恥ずかしながら
「あ、なんか上がってきたぞ!でもそのうち下がってくるでしょ〜(アホ面)」と思考停止しておりました。
結果、上げの勢いに完全に戦意喪失、何もできませんでした。

どんな局面でも、思い込みを排除して、チャートに現れた事実を客観的にとらえ冷静に判断するが重要だと思いました。
解説では、手法やテクニックなど勉強になるところがたくさんありますが、
私にとっては、先生がチャートを見ているときの思考や見方などが疑似体験できることがとても大きいです。


今週も窓開けからはじまり、グングン上に行ってますね。
私はビビリなので、天井つかまされたらどうしよう、、みたいに思ってしまうんですが
いまのような相場状況はなかなか良い勉強材料にもなると思いますので、無理にはトレードしませんがチャートには真摯に向き合って行きたいです。

上昇がどこらへんまで伸びていくかは冷静にチャートにフィボを引けば判断てきそうですし、エントリーのチャンスもあると思います。
相場が相場なんであまり無理はしないですが、今週も前向きに頑張って行きたいと思います。


シンコ

FX勉強会の生活 2) 思考停止と思考再開の繰り返し

目指せFXサバイバーのどろんぱです。

過去からずーっと苦渋を舐めてきたFXですが、
師匠に鍛えていただいている環境認識、再現性のある手法で
日々検証し、自分のトレードは変わりました^^
あとは変化を進めながら少しづつ結果を出すだけ、です、、、、、、、

今日もご一読頂きありがとうございます^^


桜も終わり、五月病と言われるシーズンが近づいています。
理想と現実のギャップが五月病の原因とも言われていますが、
なんだろ、、、FXしていると毎日がそんなギャップばかりのようなw


チャートを見ていると、相場に相対した気になるんですよね。
(同時に勉強した気分にもなります。)

①長い足を見て現在地への到達までの材料を積み上げる
②短い足でトレードエントリーする材料を積上げる
③入ってシナリオどおりに行くか行かないか見守る

みたいな流れが日々/トレード毎の流れなのですが、、、

ちょっと機械的に(システマティックに)やりたくなるんですよね^^;
何故なら、フローが単純だと思考が「楽」だから。
手順的には機械的でいいと思うのですが、思考が機械的に流れそうになりますw

日々相場をみてチョコチョコ勝てていると、
講義で聞いたことをちゃんと出来ている気になって、
手順どおりにトレードしている気になってくるんですよ^^;
そうなると、考えているつもりでもフロー的になってきます(自戒)


ちなみに、私は毎週その繰り返しです(笑)

①よし!こうだろうwと思ってシナリオを立てる。(その時点では出来ているつもり)
②数度相場を見直すと、材料の積上げ忘れに気付いて立てたシナリオが変わるんです。
③そのうち考えすぎたのか、混乱してムキーッってなることもありますw
 ↑そういうときはストレッチ運動をします。

ちなみに①のまま行って、週末動画講義で「へ?」と気付くことも多いです。

その上で、過去の講義で数度解説されている内容を聞いて、
「んー!初めて聴く話しちゃうやん、あんなにメモ取ってたのにw」
と、全く出来ていない自分に気付くわけです。

そうやって1週間を振り返ると、
教えられたことが出来ていないのに「楽に」とか言ってたら
先が短いのが見えるような気がしませんか?
今のところ、ことあるごとにそういった「怖さ」を漠然と感じます。


逆に言うなら、今の勉強会が環境認識をベースにおいているのは、
相場の流れを押さえるためであって、
その移り変わる状況を認識した上で最善の手を選ぶため
だと個人的には思っているのです。

が、ベテランでもない我々が、仮にも機械的にトレードすると、
消化している選択肢が少ないために限られたトレードしか行えず、
本来プロの方たちがされている思考をきちんとトレースできずに、
結局良い手にたどり着かないんだと思っています。

となると、何のために学んでいるか分からないわけでw

思考停止している自分に気付くのはショックですが、
気付かないまま行くほうがショックですよね^^;

ではまた来週!

月曜日ポンド円、大きく窓を開けた日のトレード

こんばんは、まもが投稿します。

本日4月24日はポンド円が大きく窓開けして始まりました。
日中相場を見ることができたので2回エントリーしました。
20170424

今日のように、片方に大きく動いた後に「値幅を伴ったわかりやすい 動き」が発生しないとエントリーするのが難しく感じます。
後から見ると買っていれば利益になりましたが、「~で買いエントリーして」と機械的に考えるには値が下がりそうだし、利確も天井まで伸びるか疑わしいしで、イヤーな感じになりました。

利確した後数時間チャートを見ていると、「大体正解かな」といったところでした。
「大体オッケー」って感覚で良しとするの、まだまだニガテに思えてしまいます。

プラスのトレードの後でももやっと感じるとき、そんなときは勉強会を通じて勉強するか、気分転換するか早く寝るに限りますね!

明日も丁寧にトレードできますように!