Welcome to my blog

パリス昼豚さんの5万円FXで再スタート! - FXブログ

パリス昼豚さんの5万円FXを実践しています。
→現在はFX勉強会の活動報告に利用しています。

FX検証作業してます part16

こんにちは。コンドルです。

今回も「分割エントリの検証作業」について書きます。

先月中旬のトレードです。5回トレードしています。
第1回目+12.3P 第2回目+27.2P  第3回目+28.2P 第4回目▲22.7P
第5回目+32.6P   合計+77.6P になっています。

condor16 6月25日用

1回目はダメ。2回目・3回目は共に合格。
4回目はダメ。5回目は合格でした。正解率は60%だったでしょうか。


前回は、「損切り」無しトレードをやることによって
「レートは戻ってくる」ことを再認識し、エントリの「待ち方」
について考えたことなどを書きました。


今回は、「時間の経過」について書きます。

思ったことは「時間の経過」と「分割エントリ」の関係でした。

縦軸のレートの上がり下がりは、当たり前のように思っていましたが、
横軸の時間の経過については、特に「分割エントリ」をするまで
あまり意識がなく無関心でありました。

なにせ、18時間近くチャートをガンミしていましたから
「分割エントリを実施すれば、どれだけ時間がかかるの?」といった疑問です。

そして、思ったことは

一日の始まりから終わりまでの24時間で完結するデイトレードとは何か。

一日を越えて「分割エントリ」のトレードが継続になったらどうするか。

一日の「分割エントリ」は時間がかかりすぎるのではないか。

一日で相場を近視眼的に見る傾向があるので充分な時間をかける
分割エントリの考え方がいるのではないか。

一日という時間経過の中で、売り買いをまず決めてトレードする
一貫性判断がないと、分割エントリはできないのではないか。

などなど。

つまり、早い話が24時間またはそれを越える時間が「分割エントリ」には
必要ではないか?ということ。

また、いつのタイミングでどのような判断で「分割エントリ」を実行するか
どれだけの時間経過が必要かわからない。実際のトレードで常時実施は可能かどうかと。

しかも先生の「分割エントリ」のイメージは、もっと大きな相場の流れからの
発想(長い時間経過が必要)でありましたので、特にそんな疑問がわいていました。

しかし、これも先生の指導であっけなく解消しました。

曰く、「分割エントリは手法の発展型である」と。

先生の手法はピンポイントでの「ここ!」というエントリが基本ですので
それよりは、少し緩めのエントリを目指せばいいだけで
「分割エントリ」ありきといった発想は必要ないということでありました。

ただ、確度の高い環境認識とトレード計画が前提であることには変わりがありませんが。

したがって、時間の経過については、普段どおりのトレードを考えれば問題ないと
理解いたしました。

また、一連の「時間の経過」を考えていている底流に、相場に合わせる発想でなく
自分都合の考えで相場をみようとしていることにも気付かせてもらいました。


続きは次回に


今週のトレード(6月第4週)

こんにちは。
pachiです。

まずは今週のトレードを紹介します。

pachi_20170624

ちょっと揉み合っていましたがルールのパターンが来たのでエントリーしました。以前からの自分の課題としてエントリーが早いと言うのがあるのですが、今回も早かったです。もうワンクッション待てればストレスなく利食いできるのですが、なかなか上手くいきません。

ただ、以前の自分だったらこの含み損に耐えられなくて損切りしてしまっていましたが、最近それは待てるようになりました。師匠がよく動画解説で「その方向に行くと思ってエントリーしているんだからちゃんと責任を持つ。」とおっしゃっています。エントリーする前に環境認識をしてシナリオを立てて、その上でエントリーしているのでコロコロ目線を変えていられないですよね。

エントリーチャンスが無くても、シナリオ想定を勉強会コミュニティにアップして、ケーススタディをしていますので、努力が報われる日に1歩ずつ近づいています。

確かな師匠と手法、そして最高の学習環境は揃っていますので、後は自分が間違った方向に進まずひたすら努力を続けるのみです。この勉強会に参加できている幸せに感謝しつつ来週も頑張っていきます。

レンジ相場での取引

おはようございます。ナカタカです。

今週は難しい相場でしたが何とか
プラスで終わることが出来ました。

今週の取引の一部です。
+16pips
ブログ

今回はレンジ相場だったので
レンジ相場でのルールである

○○に来るまで待ちました。
さらに1hを見ても下に行きそうだったのですが
エントリーポイントまで時間があったので
少し外出して、帰ってきた時に少し遅れてエントリーしました。

決済もレンジ相場なので10pips程度で
利食いしました。

その後はレンジ相場らしく
下に行きました。

レンジ相場は中途半端な所で
エントリーするとすぐに含み損を抱えたりするので
待つことが大事です。

ですので、そういった時は配信動画を見たり
検証作業をします。

最近の先生の配信動画は今週分のチャート解説のほかに
始めのほうに小ネタ雑談というのがあります。

これは先生がフィボナッチの応用や損切の例
などを数分間で説明してくれます。

先週は利食いについての説明でした。

エントリーはルールに従いフィボナッチやmaやTL等で
入るのですが、利食いは人によって違います。

私の場合はビビって決済する場合もあったり
もう少し利を伸ばせそうな所が多いので、

先生の解説を参考にしながら利食いポイント
を決められるようになりたいです。

本日もありがとうございました。