Welcome to my blog

パリス昼豚さんの5万円FXで再スタート! - FXブログ

パリス昼豚さんの5万円FXを実践しています。
→現在はFX勉強会の活動報告に利用しています。

FXフィボトレード、また○分足ガン見とCS(ケーススタディ)と

これを書いているのはワカイツです。

ここ最近はFXのトレードが週1回とかでしたが
連勝続きでした。

どこかで痛い目に会うだろうと思っていたら
案の上そうなりました。

先週は、

・1勝はしたが、○時間足の環境認識的には
もっと待ってのエントリーが正解。
○分足だけのエントリーで、ほぼ偶然取れたところ。

・1敗。完全に環境認識できてなくて
飛び乗ったトチ狂ったエントリー

→先週のトレードは○分足ガン見の癖と
「待たない」癖がまた出て来ました。
対策はやっぱり、まずは○時間足の方を…、ですね。

FX勉強会内のオンライン座談会で「待つための対策」を
書かれていた方がいました。

始めに読んだときは、この対策面白そう、だったのですが、
自分も本格的に使うときが着たかも?と思いました。

直近だけ見ると、「一週間の利益なくしてしまった」で
あーあーってなってました、

それでも、そもそも今の自分は「学習中の者」なので、
目先の勝ち負けじゃない、大事なところはそこじゃない、
ことをもう一度思い出したりです。

再三に渡ってCS(ケーススタディ)のお話をしていますが、
対象について、今こんな形で行っています。

一つは一つの期間を今行っていますが、
出来そうなところを通しでやってみてます。
以前はえり好みしてて、歯抜けになってました。
その場合自分がどう振舞うか含めて、対象にしてみてます。

あわせて、失敗トレードの方は、CS(ケーススタディ)で
どう言う見方・分析するのがいいのか、の
振り返りが出来る場面と思うので、
この箇所も対象に入れました。

今は「リアルタイムで見る時間が少ない」と言うより
これは実際は、前からそうだった、ですが、
○時間足の分析・環境認識がやっぱり足りないって、
気づけてきました。

情弱トレーダーあるある的な話

おつかれさまです、シンコです。

私は、普段より市場関係のニュースなどを見ないようにしております。

いま教わっている勉強会の手法ではファンダメンタルの要素に頼らないこともあり
またニュースにより余計なバイアスがかかってしまうリスクのほうが高いので
あえて市場関係の情報から距離を置こうと努めております。

昨年、北のエリンギヘッドがミサイルを乱発したときや、
一昨年、トランプ大統領が当選したときなど、
巷の騒ぎにつられてニュースを見続けていた時期があり
結果的にチャート分析に対して変な先入観が生まれてしまいました。

そういった経緯もあり、ニュースに関しては情報を遮断しております。
情弱であることのほうがメリットが大きいからです。

ですので、トレーダーとしては市場関係の情報に疎く
人と会話して初めて知ることなども最近は多いです。


卑近な例でいいますと、
国内でのFXのレバレッジに対して規制が入るような検討が
昨年キックオフされたというニュースを、つい最近知りました。

いつから施行されるのか、
現在25倍のレバレッジが何倍まで引き下げられるのか、
そのあたりについてはまだはっきりしてないようで
ネットではいろいろな人がいろいろなことを語っているのですが、
それが正しいかどうかはわからないので、この場では言及を控えます。

ただ、レバレッジが引き下げられる調整が進んでいることは
新聞記事で掲載されているところでもあり、事実としてあるのかなと思います。


先述のように私は情報に疎いものですから、
その話を他人から聞きました。

「お前まだFXなんてやってるの?レバ10倍まで引き下げられるんでしょ?」
みたいな感じで煽られてしまいました。
(10倍という数値は雑談レベルの適当な数値とご承知置き下さい。)

その人は、以前はFXをやっていたのですが現在は株を専門にしており、
どうもFXを下に見ているところがあります。

「FXって旨みがだんだん無くなってきてオワコンでしょ?
 やっぱこれからは株でしょ!」みたいなことを言う始末。
相手を下げ、己を持ち上げる言い回しで、ちょっと嫌な感じです。

私は一言、
「いや別にレバが必要だったら海外口座でやればいいだけでしょ。」
冷静にコメントしてあげました。

私が教わっている勉強会では海外口座での取引についても推奨されていることもあり
そんなに高いハードルということでは無いと思います。


一番よくないのは、ニュースに勝手に踊らされて
真偽も曖昧なままに間違った方向に行ってしまうことだと思います。

投資の対象をFXにしていたものが、
踊らされて株や仮想通貨に鞍替えしてしまう人も出てきそうですね。

ことFXに関していえば、経験工学の側面があるので
いままで積み上げてきた技術や培ってきた経験をリセットして
他所の畑に行くということになりますので、もったいない気がします。

一所懸命という言葉がるように、
ひとつの投資対象(FX)で、さらに言うとひとつの手法で
熟練度を極めるような道を進みたいと、個人的には思います。

そういったところで、知人との会話を通し
自分なりの兼業トレーダーとしての在り方を再考することができました。
反面教師という意味で、たまには違う価値観の人と話すこともありですね。

(すいません、特にオチはありません。)


シンコ

ルーティーンとモチベーション維持、悩ましいですね(ルーティーン編) FX勉強会の生活 (45

こんにちは。

先週のトレードの一部です。その日の環境や取引できるタイミングの動き的には
今の自分では、多く取れる日ではなかったので、こんな感じでした。

drp20180213.jpg

先日、師匠のブログで「ルーティーン」と「モチベーション」についての話題がありました。
過去も書いたことがありますが、今回は私のルーティーンを書いてみようと思います。

===============
ルーティーンについて

計画的に目的を持って、確実に色々とこなしていくためには
自分の中で「ルーティーンの確立」は重要だと思いますが、
やっぱり効率的にもやりたいですし、きちんともやりたいと思うので
その両立をどうして行くか、が、誰しもぶつかる課題だと思います。


私自身には、「効率的に」を意識しすぎると、
なんだかもういいや!的にさらっとやってしまって、
「手抜きな感じ(むしろ手抜き)」になってしまう経験もあったりしてw
どのステップをどう意識して踏みながら効率を上げていくかは
悩んだ時期はありました。


けど、結局落ち着いたのは、

 1.前日の分析およびトレードの結果をきっちり見返す
 (あれ?前日こんな見方をしてる、違うやん!ということはあります、、、、)
 2.もし見え方が変わっていたら検証し、必要があれば変更する。
 3.その上で当日分の分析をきちんとする。
 4.ルールをきっちり守ってトレードする。

を肝に銘じて、きちんとステップを踏むを繰り返す。
というルーティンで日々を回しています。


トレードの待ち時間は、行動のルーティーンがあってW

 1.上記のルーティーンを踏まえたうえで、
  トレードタイミングを探しつつ、ラインや要素の再整理
 2.軽い筋力トレ
 3.週末動画のポイント確認とチャートへの反映確認
  or 勉強会専用サイトの閲覧/自分の考え方の整理
 4.チャートを横目で見ながら家事

こんな感じで日々をすごしています。


またこれとは別に週末のルーティンがありまして、

 1.週末動画のまとめ/ポイント書き出し
 2.その週のCSを実施する

を並行してやってます。


皆さんも当然ご存知とは思いますが、
師匠も書かれたように、ルーティーンを継続していくのは
もっと骨が折れる、悩ましいところです。

ルーティーンを作ることに注力して継続しないと意味が無いですが
試行錯誤の末、そのルーティーンのプランニングに満足してしまうこともありましたw
本当はそれを続けていかないと行かないのにねw (過去の反省点です)


次回はモチベーション維持について書いてみようと思います。
では、今週もよろしくお願いします。