fx学習において、日記と言うより思うままアウトプットした効果

これを書いているのはワカイツです。

前回ノートに手書きで思うまま書くことをはじめたことで、
自分のトレードやfxの学習で「よろしくない思考パターン」を
無意識に行っていることに気づきました。

今回は、自分が行っているノートの使い方の
詳細をお話します。

先週末のFX勉強会の個人座談会でチラッと
お話ししてみました。

私の場合はこう言う形で行っています。

ちょうどこのようなイメージです。

ノート見開き

(ノートの左側)
思ったこと。感じたことをなんでも
そのまま書いてます。

(ノートの右側)
チャート分析・環境認識・トレード計画

内容が全然違うので、当初はノートを分けようかとも
思ったのですが、自分の今の使い勝手を考えて1冊で
行ってます。

「ノートの左側」の方は、
はじめたころは、1日2ページも書いてました。

こんなことしているくらいなら、チャート分析していた
方がいいですが、これは当初隙間時間に書いてみたら
こうなりました。今は数行程度です。

内容は、○○の○○にムッときたとかでも、
今まで自分の中に溜めている状態ではなく、
つまらないと思っても書いてみてます。

こうすることで今回効果的だったことの一つは、
自分がチャート分析をするにあたって、
以下の思考パターンに気づけたことです。

・リアルタイムのチャートを見ると
FX勉強会入会前の、痛い思い出を蘇らせている。
結果、不安と恐れの状態になる。

・結果、「固まった状態」になる。
画面は見て分析や思考をしているつもりだが、
実際は分析や思考をしていない。

こう言うと病気感がありますが、
上記の思考パターンそのものがどうこうと言うよりも

「これを無意識にやってて、気づかない状態」

がまずかったでした。

ここまで分かると対処は簡単でした。

「あ、また○○の思考パターンが出てきている。
さて、チャートの○時間足では○○で、
○時間足は○○で・・・」

と、負の思考パターンはそのままにして、
今まで教わってきた、学習してきたことをすれば
いいだけですね。

もしそれでも固まったり隙間時間で
PCに文章を打てないと言った
別の妨げる要因があるなら、
チャート分析をノートの右側に書いてみてます。

すると、すぐに書けるのもあって

「ああ、チャート分析やらなければいけないのに・・・」

と言うようなマイナスの思考パターンから
少し離れやすくなってきました。

まだまだ、余計な思考パターンが多いですが、
1つ1つ、ほどいていってます。

後は日々の学習を、ダレずに継続していくことかと
思っています。

毎週の、

・CS(ケーススタディ)
・動画解説まとめ・読み返しの
・トレード計画作成

等々の報告です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7/5(木)
CS:3回
動画解説まとめ読み返し2回(移動時間)
トレード計画1回(ノートに手書き)

7/6(金)
CS:3回
動画解説まとめ読み返し2回(移動時間)
トレード計画1回(ノートに手書き)

7/7(土)
CS:3回
動画解説まとめ
個別座談会参加(私情から30分で引き上げました)

7/8(日)
CS:3回

7/9(月)
CS:2回
動画解説まとめ読み返し1回(移動時間)
トレード計画1回(隙間時間に手書き)
⇒帰宅して体調良くなかったので
CSは2回までにしました。

7/10(火)
CS:3回
動画解説まとめ読み返し1回(移動時間)
トレード計画1回

7/11(水)
CS:2回
動画解説まとめ読み返し1回(移動時間)
トレード計画1回
⇒今回またCSの回数は2回です。
少しダウン気味でした。

7/12(木)
CS:3回
動画解説まとめ読み返し1回(移動時間)
トレード計画(手書きで1回)
⇒CSは隙間時間にこなせました。
こう言うときの方が集中出来ます。

以上です