FXトレードノートと日記。 頭の中の整理のススメ

偶数週はノートレード(冗談ですよ)、水曜担当のa k iです。


先生が日記についての記事を書かれていました。
自分は日記帳としては持っていないのですが、
日記はトレードノートのページの下の方に数行程度書いています。

トレードノートは以前先生が紹介されていた方法をベースにしていて
普通のルーズリーフの1ページを1日分として使っています。


自分のトレードノートの書き方はまず
・環境認識
・シナリオ
この2つを書きます。

そして次に実際のトレードを書いています。
・入れた場合はそのトレード
(入れなかった場合はその日に一番良かったと思われるエントリーポイント)
を環境認識、シナリオの順に書きます。
どれもそれぞれ大体5~8行くらいになります。

そして残りのスペースに
・翌日にする振返り
・週末に配信される先生の動画解説と照らし合わせてのすり合わせ、気づき
などを書き足していきます。
また、それでも数行は残りますので、そこを日記スペースとして使っています。


以前はパソコン上にデータとして管理していた時期もあったのですが、
ルーズリーフに手書きしてバインダーに挟む方が
自分の場合は記憶に残りやすいように感じるのと
あとからページを開きながらチャートを見たりもできるので
手書きの方が合っているように感じ今はこの方法になっています。

で、時々過去のページを開いてみるのですが、
特にやり始めの頃は今になってみると
とても目も当てられないような内容で
恥ずかしながら全く使い物になりません。

酷い時は日付も飛んでいるし・・・。

ただ、毎日書き続けたりあとから振返ってみて
少しづつ書き方を考えたり修正していくことを繰り返して
今は初めの頃と比べると幾分使える内容にはなってきたように思います。

また、先生が頭の中にあることを書き出してみると良いと仰っていましたが、
実際に書いて文字にしてみると頭の中の整理ができるように思います。

なので、毎日書き続けることや思ったことを書き出してみる。
これはこれからも継続していこうと思います。



先週のトレード
2018/06/20 GBPJPY buy +19.5pips

bg711.png


週末、苦し紛れの一発。
先生の動画解説でもここはそんなに良くないところいう解説でした。

やはり本命はこっち。
ここは何が何でも獲りに行くべきところでした。