トレードの良し悪しはシナリオにありと見直しをしています


こんにちは。

コンドルです。

今週、このトレードはほぼ計画通りにエントリーから決済までできたのでは
ないかと思います。決済だけが計画より少し早いタイミングになりましたが。

condor 58 6月10日用

相場状況は上昇高値の水準にあり、買いのトレードは注意が必要なところ
1時間足で〇〇MAや△△ラインが重なるところから下げていかないことを確認し
買いトレードをしてみました。

手法のルールに沿って5分足で直前の下げが止まるラインを計測し、同じ水準から
下げないことを確認。あとは買いのエントリーのタイミングを計るだけでしたが
こちらもルールに沿ってなるべく右端からを心掛けエントリーしました。

決済も計画に沿って、ルール通り決済ポイントを割り出し、ちょっと手前での決済
となりましたが、いいタイミングで手動決済できました。

その日にトレードの反省のためケーススタデイーをやってみましたが
やはり高値圏でしたので、次回同じところからトレードするか自問すると
買いの条件がルール通り揃うところなので「次回も買いのトレードする」でありました。

最近トレード計画の見直しをおこなっていますが、以前よりしっくりしたトレードが
できるようになったのではないかと感じています。

先生はFX勉強会でトレード計画について
「トレードは『当てっこ』をするゲームではない。未来のことについて予測をたてて
その通りにいけばその通りにトレードすればいいが

そうでないときは「あれ?」と思わなければいけない。
「あれ?」と思ったら無理なFXトレードをするのではなく、シナリオを立て直すか
トレードしないことが大事」と教えてくれています。

最近はこの教えを守って無理なトレードはしなくなりましたが
以前は計画外の「余計なトレード」をしては溜まった利益をはき出してしまう
ことが多々ありました。

また、トレード計画の作成方法も細かく指導していただきましたが
「慣れてくればもっと簡素化してもいい」と言っていただいた経緯がありますので
見直しに着手しています。

トレード計画の見直しといっても、大したことをしているわけではありません。
トレード計画書を以前より簡素化して、肝心だと思われる要素を一行文書にしてみたり

エントリーから決済のシナリオも短文にまとめて、チャートの動きをイメージして
ルールに沿った自分に納得がいくものにするよう心掛けているくらいです。

最近はトレードできる条件が揃うポイントまで来ないようだったら「見送り」が
当たり前になり

「もっといいシナリオを書きなよ」と自分にハッパをかけております。

「トレードの良し悪しはシナリオにあり」と決めて、少しずつ自分にしっくりくる
トレード計画書の改良を目指し、「シナリオ通りやれば勝てる」を体に沁みるまで
実践で鍛えたいと思います。