FX勉強会、CS(ケーススタディ)の取り組み - FX勉強会

FX勉強会、CS(ケーススタディ)の取り組み

これを書いているのはワカイツです

FXフィボトレードの学習のうち大事な事の一つの、
CS(ケーススタディ)を以前は一日一回としていたのですが、
ここ数週間停滞したのと、思うところがあって「一日3回」行う
ことにしました。

と言いながら開始は先日水曜日からで、
本日は一日3回こなしました。

今のところしょぼいスタートですが、
書いた手前、やらないと「何やってんだろ?」って
状態になりますね。

CS(ケーススタディ)は端的に言うと

「止まったチャートでFXフィボトレードの観点で根拠出しをして、
リアルタイムのチャートで分析・環境認識・根拠の有無や強弱を
すぐに出せるようにするための訓練」

です。

以前は○分足で「これルール違反だろう」と思った箇所は、
先入観をいれて対象から外していたので、
歯抜けになっていたのですが、
課題に出てきたことの一つに、
「根拠のないところでどうすればいいか迷う」
と言うのがありました。

そこでCSで通しで行うことで、
「自分の中でどういう場面で迷うのか」を
突き止めようとしています。

期間は去年2017/3~4を今3回目のサイクルに入っています。

コメントでは、エントリーしていたら利益になったかもしれないけど、

・○分足のルールに合致しないので、エントリーしなくていい
・○時間足の根拠が足りないので、エントリーは見合わせる。

等々のコメントを書くようになってきました。

まだまだ飛ばして行っている個所もあるので、
ただ惰性でこの期間をするのでなく、時々は戻ったりもしたりして、
リアルタイムの時を意識してこの期間を何度か行ってみます。

追って経過を投稿して行こうと思います。