2年たっても千里の道も一歩から、成長しろよ自分! FX勉強会の生活 (48

こんにちは、どろんぱです。

今週になって一気に春めいた気温になってきました。
九州方面では月曜日からコートなしでも通勤できる雰囲気です。
春の芽吹きとともにトレーダーの芽吹きを期待したいですが、
これまでの期間に、どれだけ自分に肥料をあげたか、
によって、大きく花開き方が変わってくるんでしょう^^;

drp20180305.jpg


勉強会でとある手法の勉強が始まって、もうすぐ2年。
そのころからすると参加者が増え、
私が言うことではありませんがw、内容もよりいっそう濃くなったと思います。
学習を続けていくための変化を、師匠が常に創造しておられるので、
正直頭が下がる思いです。

当時からの仲間が変わらずいて(数は減りましたが)、
その皆さんがどんどん「Good」トレードをされているのを見て、
また新しい方が「Good」トレードをされているのを見て、
励まされること多数ですし、継続の力になっています。

私のほうは、というと色々ブログにもあげていますが、
体調が思わしくない時期があり、そこは勉強量は減りましたが
比較的状態がいいので、一定期間の勉強量を確保しながら今に至ります。


まぁ、勉強会がなかったら消えていたかも知れませんね、本当に。

勉強会で「勝てる手法」を学んでいるとは言っても、
(自分が2年いる経験からすると)
手法を学んで、継続することで初めて学べる経験もあると思いますので、
少しでも継続して、前に進むことは本当に重要と思います。


正直なところ、最近は効率的に学ぶ方法はないものか、
と色々考えていましたが、まだまだ経験が浅いながらも実感からすると、

「きっちり相場をみて根拠を作りエントリーし、
 その後の動きもきちんと見、
 その体験、経験、感覚を思考ベースに落として
 週末講義を確認する」

「師匠との感覚との差異、思考の差異があるならば、
 その部分を課題として記録し、
 翌週以降に留意点として活かす。」

この地道な繰り返しが一番効率的なんだな、と思います。


課題を自分のものにするという意味では、幾分と効率的な方法はあると思いますが、
その時の目の前の相場から学ぶことは、効率という点では語るべきではないかな、、、、
見るべき視点と得られるものからすると、学ぶ内容が違うなぁ、と書いてて思いました。


いずれにしても、千里の道も一歩から!でしょうね、やっぱり。

今週もよろしくお願いします^^