FX勉強会、事前準備の必要性

これを書いているのはワカイツです。

先週まで仕事の方がやや夜遅くになってたので、
チャートそれほど見られませんでした。

また後半、どうやって振る舞えばいいか
分からなくなった相場でした。

今週は業務中にチャートみても大丈夫なタイミングが
あったりでしたが、それも〇時間足の分析・環境認識が
あってのことなので、

「自分が分かるところだけエントリーする」
「自分が分からないところはスルーする」

当たり前のことで、師匠から再三に渡って
指導いただいていることですが、
改めて実践していきます。

また別の時に時間を作って、〇時間足の分析・環境認識・
CS(ケーススタディ)と、いつもお話ししていることですが、
学習を絶やさずに行ってます。

外出時に持ち運んでいるノートPCは、
「1366 x 768」の解像度で、当時のマシンにSSDを載せ替えたものとはいえ、
もうお古なので悲しいですが、
これだとやっぱり〇分足を見るんだったら、まだいいような気がしますが、
〇時間足の分析・環境認識をすると弱いので、
〇分足のトレードをやってしまう癖がまた出たりします。

解像度がそれなりにいいスティックPCを、常時接続環境に置いて
TeamViewerかAnyDeskで接続するとか、
学習の本質からずれない程度に、なにかできることがあるかも?と
思ったりしています。

今回はこれだけのお話ですが、
いい報告が出来るよう学びを続けます。