Welcome to my blog

パリス昼豚さんの5万円FXで再スタート! - FXブログ

パリス昼豚さんの5万円FXを実践しています。
→現在はFX勉強会の活動報告に利用しています。

ケーススタディの動画、見ました!

おつかれさまです、シンコです。

先日、勉強会内で配信されている新しい動画コンテンツを見ました。

公開されたコンテンツはケーススタディについて解説されたものになります。
ケーススタディについては、以前ちょっと書かせて頂いたことがあったので
そちらをご参照ください。
http://su5manenfx.blog.fc2.com/blog-entry-308.html


ここで、御幣を恐れず書かせて頂きますが
もしかしたら人によっては、
ケーススタディについての解説ってわざわざ動画で必要かな?
という疑問もあるかと思います。

なぜならケーススタディについては、
勉強会のコミュニティでも説明がありますので
それを見るだけで十分じゃないかという気も致します。

きっと要領の良い方は、それで良いのかも知れませんが
私はあまり優秀ではありませんので(というか、かなりのポンコツなので)
もしかしたら理解したつもりのケーススタディのやり方が
ズレた方向に進んでいる可能性もあるのかなとも思いました。

そこで今一度、総括的にケーススタディを見直そうと思い、
先生の動画を見てみました。


それで思ったのが、
これ めちゃくちゃ分かり易い!ということです。
月並みの感想で恐縮ですが、本当にその一言に尽きます。

テキストでケーススタディの説明を読んだり、
実際に先生のケーススタディの画像を見たりして
こんな感じかな?と似たようなアウトプットをすることはできますが
姿形は似ていても、その実態・本質の部分が踏襲できていなければ本末転倒です。

案の定、私の理解と先生の進め方(および考え方)の間には
大きな食い違いがありました。

そもそものケーススタディの意義を理解してないと
ただのルーティーンになってしまいますし
アウトプットをする過程での手順などを正しくしないと
チャートを前にして迷走してしまうと思います。

そういう意味で、
私は間違った方向に進んでおり軌道修正することができました。

特に動画では、先生のケーススタディをする最中での
思考回路を口述したような形で懇切丁寧に述べられており、
私のように理解が劣る人間にとって、非常に勉強になるものがありました。

作業過程でのボリューム感も参考になりました。

私の勝手な思い込みで、
ケーススタディでの環境認識はもっと緻密に時間をかけてやるのかなと思ってたのが
必要最低限でシンプルな形でもいいんだと気付きました。

というか、端的にまとめたほうが理解も深まり復習もしやすいので
あまり長々とチャート分析の要素を出しすぎても、逆にブレてしまうなと思いまし
た。
ここらへんの勘所は個人差あるので、あくまで私の場合です。

ちなみに、
先生の手順や思考を真似ることは、ケーススタディでは非常に効果があると思ったので、
動画で先生が紹介されていた画像キャプチャソフトもダウンロードして使ってみました。
(何でもかんでも真似て思考停止にならないように気を付けたいと思います)


まだ見ていない方もいらっしゃると思いますが
私の投稿が、少しでも参考になれば幸いです。


シンコ

さて、自分は何のためにトレードを学ぶのか

自身のトレードを俯瞰、相場で頑張る気合を入れなおすには改めていい機会を戴きました。


先週は夏季休暇を頂戴して、家内の代わりに主婦業に専念してきました^^;
夏休みの子供たちの食事の世話や掃除洗濯をこなすと毎日へろへろ(笑)
世間の子育ても含めた主婦業も重労働だなぁと改めて実感。

今週から単身赴任の生活に戻ったわけですが、喧騒日々も終わり一人で過ごすのは
改めて淋しいもので、相場に対する決心を新たにした昨今の日々でした。
家族ともどもハッピーで、最低限のお金には苦労しない生活を手にするために
自分のため、家族のため、ふんどしを締め直して今後も頑張って生きたいと思います^^

トレードこそタイミングがあまりあわない中で積極的にはしませんでしたが
シナリオ立てと、入らないからこそ分かる「自分だったらこうしてた駄目な部分」が
冷静に見ることが出来て、ある意味頭の痛い週だったと思います。

入るだけ入って、ある程度放置、というのはまだまだ出来ない性質なので、
今後の自分に必要な期間だったのかな?と前向きに捉えることが出来ています。


先週と同じようなことを書きますが、やはり自分の課題は

 1.大きく相場を見て狙うべきところで、きちんとトレードする。
 2.自信を持って、勇気を持って入る。
 3.相場状況から待つべきときは待つ、待たない時は待たない。
 4.失敗してもきちんと納得する/学ぶ(納得できないところは入らない)

そして、この感覚と経験値を相場と相対して着実につけて行く。そして何よりもこのことを継続して行くことが大切。

ということがこれからずーっと続いて行く生活の中で身に付けて行く必要があると強く感じた日々でした。

勉強会に入っておられる方々は、皆さんそれぞれの理由で挑戦を頑張っておられると思いますが、私は日々勉強会内の掲示板やこのブログで頑張る元気をもらっています^^

ありがとうございます^^

どろんぱでした。

5分足だけではチャート分析は十分にできないことが分かりました。大きな値動きも大切。

こんばんは、まもです。

先々週から、よくわからんー!となっていたので、
今週はお師匠のトレードの思考をなぞった勉強をしていました。

その過程で、長時間の足のトレンドが終わったとき、レンジからトレンドへと転換したとき等の、転換点以降のトレードにアジャストしていくのが大変苦手ではないのかという発見がありました。

現在の5分足ばかりを過去のチャート分析と照合していたため、似ていても買うところと売るところが逆となるような状況で「なんだこのチャートよくわからん!」となってしまっていたようです。

しばらくは、5分足のチャート分析ではプラスになるだけの精度があるので、上位の時間足の考えを5分足に反映してトレードする、ということを続けていこうと思います。

今日はここまでです。