Welcome to my blog

パリス昼豚さんの5万円FXで再スタート! - FXブログ

パリス昼豚さんの5万円FXを実践しています。
→現在はFX勉強会の活動報告に利用しています。

FX検証作業してます part12

こんにちは。コンドルです。

今回も「FX検証作業」について書きます。

前回の「分割エントリ」を昨年12月に始めておこなったトレードを載せます。

1回目▲22.0P、2回目+6.0P、3回目+22.5P、4回目+37.7P 5回目+33.0P 合計 +77.2Pでした。


condor12 5月28日用



前回、「分割エントリ」の勉強をしてみようと決意したが、御法度だと思っていた「ナンピン」が入り
おまけにFXの定石だと信じてきた「損切り」を設定しないでトレードしてみなさいと言われ、
大きなカルチャーショックを受けたことを書きました。

今回は、戸惑いながらも
「とにかく、やってみなけば分からんだろう。」と意を決して
実際にやってみたトレード記録です。

ここら辺は、元体育会系の「脳ミソ、筋肉マン」です。
なんでもとにかくやって見る。やってから考える。そんな思いで実践してみました。

はじめての「分割エントリ」は、先生が言う「分割エントリ」の型とは大分ちがいますが、

自分なりに「分割エントリの検証作業」をやってみました。


まず、「分割エントリ」で気付いた事柄を記録してみました。
記録というほど大したものではなく、実際はメモ書き程度ですが。


(1)トレード開始時間と終了時間と所用時間記録
(2)相場環境認識の作成記録
(3)トレード計画(シナリオ)作成記録
(4)分割エントリの根拠と時間の記録
(5)エントリから1時間間隔のチャート観察記録
(6)時間経過の「含み損」の記録
(7)その他の記録


(1)トレード開始時間と終了時間と所用時間記録
〇午前6時00分から深夜の午前0時45分まで18時間45分の間、とにかくチャートを見続ける。
〇縦軸のレートの上げ下げは気にしていたが、時間の経過に関しては意識していない。
〇デートレードをしているわりに24時間のスタンスを意識していない。
 
(2)相場環境認識の作成記録
〇上昇トレンドから下降トレンドに転換するころと環境認識する。(いつもどおり)

(3)トレード計画(シナリオ)作成記録
〇環境認識による下降判断に基づいて「売り」トレード計画を立てる。(いつもどおり)

(4)分割エントリの根拠と時間の記録
〇エントリの開始時間と終了時間

第1回目:開始:午後13時25分  終了:午前0時44分  所用時間:13時間19分
第2回目:開始:午後16時20分  終了:午前0時34分  所用時間: 8時間14分
第3回目:開始:午後17時20分  終了:午前0時44分  所用時間: 7時間24分
第4回目:開始:午後20時29分  終了:午前0時45分  所用時間: 4時間16分
第5回目:開始:午後23時30分  終了:午前0時44分  所用時間: 1時間15分
最終決済:午前0時45分


(5)エントリから1時間間隔のチャート観察記録
〇時間ごとにPIPS(含み損)を気にしている。
〇含み損が大きくなった午後8時00分の時点は「不安」が強くなる。
〇レートと時間は、自分が思うよりもはるかにゆっくり動く。
〇意味のあるポイントからレートは上げ下げする。
〇レートは戻る。
〇レートはある尺度で上昇または下降している。
〇ある尺度からの急上昇、急下降がある。
〇最良のエントリポイントは最後の1時間のみであった。(18時間分の1)

(6)時間経過の「含み損」の記録
〇午後20時00分時点の 含み損
NO.01:▲70.3P  NO.02:▲53.7P  NO.03:▲26.7P   合計▲150.7P
〇最高の含み損のPIPSが想像よりはるかに少ない。(▲350Pくらいの大敗イメージ)
〇最終段階のNO.04、NO.05のエントリ後、含み損が消えて利益が増していく
 のが「不思議な感覚」であった。

(8)その他の記録
〇手法のルールどおりのエントリをしていない。
〇最終利益が+77.2Pに驚く。



お恥ずかしいような記録しか残してないなぁーというのが実感です。

エントリから最長13時間19分もの長いスパンでトレードしたのも初めてで、

しかも朝の6時から深夜0時45分まで18時間チャートを見続けたのも初めてでした。

最終、利益が確定した瞬間は、少し興奮しました。不思議な感覚でした。
大きな含み損からの+77.2Pもの利益。

「こんなトレードもあるのか。」と新鮮な感動がありました。

今週のトレード(5月第4週)

こんにちは。
pachiです。

今週のトレードの一つを紹介します。

pachi_20170527

ちょっとエントリータイミングが早く、途中で含み損を抱えてしまいました。本来はもう少し上に戻して来る所まで待つべきでした。ただ以前の自分だとびびって1回損切りをしていた局面でしたが、師匠の教えで「下がると思って売っているわけだからどっしり構えて根拠のあるところで損切りしなさい」というものがあります。

このポイントでは自分は直前の高値を超えてきたところに損切りポイントを置いていました。また環境認識的には下がると想定していましたので決済指値をセットして待っていたところ狙った通りの所で利食いできたところです。

最近、以前の自分だったらここでこんな失敗していたなと思う事が徐々になくなってきたので、少しずつ成長を実感している所です。とはいえ早く専業になりたい気持ちも日々高まっているので焦る気持ちからやらかしてしまうこともありますが、焦ると大抵ろくな事にならないですね。

素直に師匠の教え通りルール通りしっかり考えて、待って待って待ってトレードすることを徹底すると上手くいきます。当たり前と言えば当たり前なんですが、何故か焦りに支配されてしまう事がまだあるので、日々自分に言い聞かせて成長していきます。

5月の昨日までの成績を集計してみましたが、約100pipsほどでした。あまり勝てている実感がなかったので自分としては±0か微益ぐらいだと思っていましたがちょっと不思議な感じです。今週も淡々と努力を積み重ねて行きます。

それでは

新たなパターンを身につけたかもしれません!!

おはようございます。ナカタカです。
今週の取引結果です。

まず、火曜日ですが、
計4回のトレードです。
うち2回目は無駄うちトレードでした。
170523_ブログ用


3回目、4回目は下がるのを確信していたので
上に行って含み損でも安心して待てました。


今回のような状況では急上昇が怖いので1hで◯◯を確認して◯の所で
売れば良いのです。



ただ今回のは1hによるあるパターンを
確認するために試験的にエントリーしました。


なので、エントリーのタイミングは5mで
図っておらず1hのみでエントリーしました。


ですので、今後は5mで細かいタイミングを図れるように
過去にもある同じパターンでの検証を進めていきます。


次は火曜日です。

170524_ブログ用

pips的には少ないですが実は1回目と2回目は予測を外し買いで入ってしまい
一番下の安値までいって一時は含み損が-30pipsまでありました。


過去の自分ならそこで損切りをして
怒ってマウスを投げたりキーボードを叩きまくっています。


しかし、今回は途中からあるパターンであることに気付き戻しを確信した為
損切りをせずに45分程かかりましたが1回目は−4.7pips
2回目は−1.7pips程で損切りできました。


そして、狙っていたパターンを待って
売りでエントリーして10pips程取ることができました。


今回の損切は前に先生が動画で言っていたのを覚えており
思惑と逆に行った時は焦ってmaxで損切すると資金的にも精神的にも良くないので
今回のように上げはなく下げるのが分かった時点で損切を考えて
戻ってきた所で損切を実行します。


ただし、間違っても

「上まで戻ったからここからさらに上昇するのでは?」

はこの場合はあり得ないので少しのマイナスか一番良くても0で
手じまう事です。


取れるときは水曜日の様に数時間で40pips近くも取ることが出来るので
相場が渋い時ほど落ち着いてルール通りにして、怪しいと思ったら数pipsでも
取って逃げれるようにしっかりと相場分析をしていきたいです。